思い出は流れない 写真救済プロジェクト(2)(7月16日17日山元町)

ずいぶん更新が滞っておりましたが、写真教室も写真塾も通常どおり行っております。
先週「思い出は流れない・写真救済プロジェクト」のお手伝いで、気仙沼の唐桑体育館を再訪する事ができました。

7月26日のブログで「以下続く」として以来なかなか続きを書くことが出来ませんでしたが、今回気仙沼への行きがけに山元町にも寄らせていただき、それぞれのご担当者からブログへの写真掲載の許可をご快諾いただきましたので、その時の活動についての写真を載せますが、現在の状況とはずいぶん違いますのでその点はご了解下さい。

まず、7月16日と17日に参加した、「思い出サルベージアルバム・オンライン」です。

山元町1A
前日に山梨を出発し車中泊したSAでは、被災地を応援する言葉を掲示した車やバイクを沢山見かけました。山元町役場前には自衛隊の車両も止まっていました。

山元町1B
「思い出サルベージアルバム・オンライン第8回大洗浄・複写会」には、自家用車の他、東京からの大型バスで大勢の参加がありました。

山元町2

山元町3
東京からのバスが渋滞に巻き込まれ遅れている間に、洗浄前のアルバムを棚から移動したりしましたが、重たいケースを持って2階と1階の登り下りで結構汗をかいて、寝不足気味だった私はすでにちょっとバテ気味です。

山元町4
カメラマンは複写を担当し、一般の方は写真洗浄や撮影の助手をやりました。

山元町5

山元町6
始めは洗浄できない泥のついたアルバムの複写をしましたが、かなり室内に土埃が舞っているようで途中から喉が痛くなりました。そこでそれからマスクとゴム手袋を着用しての作業となりましたが、この暑さの中で汗ビッショリになるのには本当にまいりました。

山元町7
とにかく終了時間まで、シャッターを押し続けました。

山元町8
一日目の戦い済んで・・・。
今日一日の作業中にとった水分です。

山元町9

山元町10

山元町11
宿泊は、小原温泉の旅館かつらやの大部屋で雑魚寝の筈でしたが、人数オーバーで私と後数人は従業員寮の部屋へ泊まりました。ちなみに被災地は宿泊の手配がとても難しかったので、行きのSAと山元町から気仙沼への移動日に石巻の道の駅で車中泊しました。気仙沼ではテント持参でしたが、民宿のおばあさんの特別な計らいで1泊だけならなんとかしましょうというお言葉に甘えさせていただきましたがその後さらにお言葉に甘えさせていただく事になり結局3泊もさせて頂きました。

山元町12

山元町13
写真を捜しに来る方に一日も早く写真が見つかりますように!

山元町14集合写真JSIS-BJK
今回は最大の参加人数だったそうです。
ずっとここに留まり活動しているスタッフの方もいらっしゃいます。
山元町での最近の活動内容はこちらをご覧頂きたいと思いますが、「顔画像認識」も取り入れたりして持ち主捜しに効果をあげ始めていました。

また、11月26日(土)には東京での卒業アルバムデジタル化のボランティアを募集しています。詳しくは日本社会情報学会災害情報支援チーム活動ブログをご覧下さい。

以下続く















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

holmeswan

Author:holmeswan
写真家小嶋三樹のブログです。
山梨県南巨摩郡富士川町で写真塾と写真教室をやっています。

ホームページはこちら
http://www.miki-kojima.com
facebookはこちら
"https://www.facebook.com/miki.kojima.73
facebookページはこちら
"https://www.facebook.com/kokorowakuwaku/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる