2016.03.06 東京展覧会巡り

昨日は、写真教室の生徒さん達と東京へ展覧会巡りに行きました。
体調不良で残念ながらドタキャンとなってしまった方がいらっしゃったので今回はお二人をご案内しました。

午前中は、オギノリバーシティカルチャーセンターの講座があったので、昼過ぎに南アルプス市の生徒さん宅集合という、普段の展覧会巡りより遅い出発となりましたが、中央道も首都高速も空いていて、最初の目的地の江戸東京博物館へは早く着くことができました。

開催中の「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」は凄い混雑であまりゆっくり観ることができませんでしたので早めに退散して、上野公園の東京都美術館に移動しました。
雨が降ったようで地面が濡れていましたので、ヘブンアーティストの人は一人だけいました。
2013年の3月7日の展覧会巡りで、塾生の酒巻澄江さんのエプサイトでの個展の最終日を観た後、ラファエロ展を観にきて偶然上野公園でパフォーマンスをしていた息子(KojiKojiMoheji)に会えたのも懐かしい思い出です。
http://mikikojima.blog.fc2.com/blog-date-201303-3.html

さて、時間がなければ端折ろうかと思っていた「ボッティチェリ展」ですが、これが私にはとても素晴らしかったです。(この展覧会のカタログのみ購入しました。)ボッティチェリや師匠、そして工房の作品のレベルが素晴らしく、あらためてその存在を見直しました。この展覧会は4月3日(日)までやっているので、もう一回観に行きたいと思います。作品を観ているうちに、私のモノクロ風景の中で女性を表現してみたい気持ちが溢れてきました。機会があったらぜひやってみたいです。

そして最後は、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催中の「フェルメールとレンブラント・17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展」へ。
テーマ分けされた作品群の質は高かったですね。こちらも学ぶ所が多い展覧会でした。

それぞれの展覧会を観ながら、先月の写真教室のテーマだった構図についての話もしながらの鑑賞でしたが、シャドウの中も決してただ暗いだけではなく、とにかく緻密に書き込まれた作品に皆さん感心していました。
今月はまだスケジュールをアップしていませんが、これから観たい写真展がいくつもあって嬉しい悲鳴をあげて悩んでいます。

ブログ用コンタクトシート-1

ブログ用コンタクトシート-2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

holmeswan

Author:holmeswan
写真家小嶋三樹のブログです。
山梨県南巨摩郡富士川町で写真塾と写真教室をやっています。

ホームページはこちら
http://www.miki-kojima.com
facebookはこちら
"https://www.facebook.com/miki.kojima.73
facebookページはこちら
"https://www.facebook.com/kokorowakuwaku/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる