2017.03.06 展覧会巡り・三溪園(横浜)

横浜の三溪園で開催されていた「エバレット・ブラウン湿板光画展ー三溪園をめぐる」と「高円宮妃殿下写真展・鳥たちの煌めきⅢ」を、観に行ってきました。

今回は地元の塾生さんとそのお仲間、そして女房も一緒に行きました。
横浜の三溪園は、生糸貿易により財を成した実業家「原三渓」によって1906年(明治39)に公開されました。 175000㎡に及ぶ園内には、京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が配置されています。
三溪記念館で三溪の展示資料を観ていた女房が呼ぶので何事かと思ったら、三溪が生まれた所が女房の実家から近いということでした。荘川村の合掌造りや荘川桜が園内にあったのは、岐阜に縁があったからなんだと知りました。

高円宮妃殿下の写真展は良い写真でしたし、プリントも和紙の特性を活かしたもので、カラフルで派手になりがちな羽根の色もとても落ち着いた色調となっていました。また、展示方法もとても工夫されていて、とても参考になりました。

エバレット・ブラウンさんの展示は、園内にいけばなを設えて撮影されたもので、とても落ち着いた雰囲気で好ましかったです。 説明の中に、「真・行・草」についてありましたが、この言葉は知りませんでした。 「守・破・離」に通じるものですが、日本の美意識というものを改めて考えさせてくれます。 雨の中の園内散策撮影でしたが、昼食は原三溪が考案した伝統の味で汁のない麺をいただきました。

170306-1.jpg

170306-2.jpg

170306-3.jpg

170306-4.jpg

170306-5.jpg

170306-6.jpg

170306-7.jpg

170306-8.jpg

170306-9.jpg
スポンサーサイト

2016.05.06 5月写真教室の予定と、観に行きたい展覧会リスト。

5月写真教室の予定と、観に行きたい展覧会リストです。

8日(日)時間の神秘をとらえる(1)・工房
14日(土)展覧会巡り・東京方面
15日(日)新緑の四尾連湖(午前)と大柳川渓谷(午後)撮影会(どちらかのみの参加も可)
20日(金)〜22日(日)のどれか。展覧会巡り・伊豆高原
22日(日)時間の神秘をとらえる(2)(展覧会巡りに変更有)
29日(日)四尾連湖撮影会(午後半日)

観に行きたい写真展リスト160506 620pixel

2016.03.20 写真教室展覧会巡り&撮影会

ドタキャンが2名あって、山梨から1名、東京から塾生さん1名の参加となりましたが、予定通り春日広隆写真展鑑賞と撮影会を行いました。

会場では、作家の春日さんとちょうどいらしていたキヤノンのインクジェット関係の主席研究員の方と、インクジェットの可能性や表現についてや技法の名称についての他、ファイン・アートとしての写真についてたくさんお話しができ、大変勉強になりました。

春日さんのブログ記事は下記にあります。

http://www.hirotakakasuga.com/blog/fine-art-photography

http://www.hirotakakasuga.com/blog/a-few-snapshots

昼食は鰻と思いましたが鰻屋さんは外まで長い行列だったので、春日さんとご一緒に近くのレストランへ行きましたが、サラダバーもついていて美味しくてお値打ちでした。三島広小路も私が愛鷹山に住んでいたころから随分印象が変わっていて、ヤオハンがあった場所は、大きなマンションが建っていました。

その後は、時々小雨が降ったりしましたが、日が暮れるまでずっと渓谷で撮影をしました。

コンタクトシート-1

コンタクトシート-2

コンタクトシート-3

写真教室のスケジュール変更

写真教室で18日(金)に予定していた、三島のさんしんギャラリー善で開催中の春日広隆写真展を観に行く日を、作家の春日さんが在廊していらっしゃる20日(日)に変更いたします。
これまで春日さんのアトリエKASUGAで開催されたART Photography ASIAのグループ展には、写真教室で過去2回訪問していて、在廊していた作家さん達から直接お話しをお聴きするという貴重な勉強をさせていただきました。

2013年5月23日・写真展巡りの様子はこちらです。

2014年5月4日・入門教室展覧会巡りの様子はこちらです。

2015年11月17日は東京での開催でしたので、仕事で上京した時に拝見しました。その時のfacebookはこちらです。

今回の展覧会はもう一つ、IZU PHOTO MUSEUMの本橋成一展を観る予定です。当日は、その他に柿田川湧水群や景ヶ島渓谷、時間が許せば時之栖のイルミネーションの撮影会も考えていますので、参加希望の方はご連絡下さい。

春日展チラシ表ブログ用

春日展チラシ裏ブログ用

_L7I4437ブログ用

2016年写真教室についてのご案内と向こう1ヶ月の予定。

 こころWAKUWAKU写真教室は2011年2月(写真塾は2010年2月)にスタートして以来、皆様のお陰様をもちまして毎回楽しく充実した教室を開講させていただいております。

 昨年は、初めての試みとして写真撮影ツアーを行いましたが、今年は昨年のような形での写真撮影ツアーは行わず、写真教室を補完する形で撮影会の回数を多く開催致します。

 
写真教室の内容も、年間のカリキュラムを作成して月毎に学ぶテーマと課題を決め、毎月の撮影会及び展覧会巡りと合わせて幅広く学べる環境を整えます。(添付年間スケジュール参照)

 また、10月30日から11月6日まで、富士川町の「ギャラリーろく」で写真塾・写真教室展を開催いたしますので、受講生皆様のご出品をお願い致します。

 現在開講中の第2第4日曜午後の写真教室の他に、同一内容のカリキュラムを4月第2第4日曜午前中にスタートさせますので、これから新規に学び始める方はもちろん、お休みした回の補講やもう一度復習したい時にも午前コースをご活用下さい。

 新しいカリキュラムに伴い月謝制を廃止し、毎月の予定の中から興味のある講座に自由に参加して頂ける形に致します(写真教室1講座3時間5000円・撮影会と展覧会巡りの参加料はその都度設定)。5月からモノクロ暗室体験の教室も開講致しますが、こちらは後日あらためてご案内させていただきます。

 さて、向こう1ヶ月の予定は下記の通りでございます。受講生とご相談の上変更する場合がございますので、最新の日程はfacebookかブログをご確認下さい。

2月14日(日)午後2時~5時 写真教室・カメラの基本(3)工房で座学
2月19日(金)終日 展覧会巡り(東京・横浜方面)
2月21日(日)終日 富弘美術館鑑賞と大間々散策撮影(群馬県)
2月28日(日)午後2時~5時 写真教室・カメラの基本(4)氷室神社で撮影後、工房で座学
3月 6日(日)午後〜夜 東京展覧会巡り「フェルメールとレンブラント展」「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」(時間があれば「ボッティチェリ展」)
3月13日(日)午後2時〜5時 写真教室・明るいと暗いを理解する(1)工房で座学

 19日(金)の展覧会巡りは、まず横浜の「自然の鉛筆を読む」展を観てから東京の展覧会を観ます。その他の展覧会は下記リストをご参照下さい。
 山梨からの参加で私の車に同乗(最大4名)される場合は、参加費(塾生・教室生5000円。一般8000円)の他に交通費(ガソリン代、高速代、駐車料金)を同乗参加者でシェア致します。入館料や食事代は各自精算となります。また、現地参加も可能です。

 21日(日)の富弘美術館は星野富弘氏の作品と生き様が素晴らしいです。事故で首から下の身体の自由を失いながらも、口に筆をくわえて描かれる水彩画と言葉は、観るものに生きる勇気を与えてくれます。その後江戸時代初期に町割りされた歴史のある町並みと、町からすぐに行ける渓谷(高津戸渓谷)が魅力の大間々の町を散策撮影します。
 山梨からの参加で私の車に同乗(最大4名)される場合は、参加費(塾生・教室生10,000円。一般13,000円)の他に交通費(ガソリン代、高速代、駐車料金)を同乗参加者でシェア致します。入館料や食事代は各自精算となります。また、現地参加も可能です。

観に行きたい写真展リスト160215追加ブログ用

展覧会巡りと撮影会は、予定表の日時以外でも3~4人集まれば実施いたしますので、塾生、教室生以外の一般の方でも、興味のある方やお知り合いをお誘いいただいての参加も可能ですので、参加希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

160214修正完成ブログ用620pixel

上記年間スケジュールの印刷用データをご希望の方はご連絡下さい。


プロフィール

holmeswan

Author:holmeswan
写真家小嶋三樹のブログです。
山梨県南巨摩郡富士川町で写真塾と写真教室をやっています。

ホームページはこちら
http://www.miki-kojima.com
facebookはこちら
"https://www.facebook.com/miki.kojima.73
facebookページはこちら
"https://www.facebook.com/kokorowakuwaku/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる